本州最南端の島から・・・


海金剛です   
by umikongou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

八月葉月の~

一昨日、皆既月食と 満天の星を見ている時、虫の大合唱を聴いた。
そのとき ふと「八月葉月の~」という歌を思い出した。
はるかかなた昔に聴いたその歌声の 短いそのフレーズだけ覚えていた。

「八月葉月の虫の音は 愛しゅてならぬと鳴きまする」

そうだ!ケメだ!
1972年、佐藤公彦の「通りゃんせ」だったのだ。
「五月雨五月よ 来るがよい」ではじまる 懐かしい歌。

それが わかるまで ずっと 壊れたレコードみたいに
頭の中で 「八月葉月」が リフレインしてた。

暑い夏だった。八月は チリチリと燃え尽きていくようだった。
虫の声を聴いて ひとここちついた気分。
数え切れないくらい キラキラ光る宝物のような夜空と
やっと吹き始めた少し冷たい風・・・
ありがたく 愛しい 自然の恵み。
                        人気blogランキングへ
[PR]

by umikongou | 2007-08-31 20:24
<< 串本出身のアーティストYeux... 熊野巡覧記より >>