本州最南端の島から・・・


海金剛です   
by umikongou
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

光合成

大島を出て 電車に乗って大阪に行き、新幹線に乗り換え広島に着くまで、山の緑を見ていました。
電車が進むにつれて 緑の勢いがなくなり、大阪を過ぎて大きな街が続くのを見ていたら、緑が見当たらなくなって大きなコンクリートの塊がたくさん並んでいました。
これが地球温暖化の正体だと思いました。
山が遠く海も遠く 緑の木々を切り倒して街を造り、大勢の人が住み、たくさんの車が走り、電気を使い 二酸化炭素を吐き出しているのでしょう。

森や林があって、木がたくさん生えていたら 光合成をして酸素が作られるのに・・・
子どもみたいに単純にそう思ったのです。
大島の緑は何処よりも生命力に満ちて青々と茂り、新鮮な空気を作っています。
人も車も 大都会に比べたら、うんと少ないし 過疎ということは 大変自然に恵まれているということなのですね。
島には たくさんの植物と海の水があり 地球温暖化対策に役立っているのかしら・・・と思います。
e0110600_21124423.jpg

[PR]

by umikongou | 2007-04-23 21:13
<< 行方不明の時間 名付けのお祝い >>