本州最南端の島から・・・


海金剛です   
by umikongou
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

うみがめ丸漂流記

枯木灘の海を見ていたら、沖をたくさんの船が行くのが見えました。
この沖には 黒潮が流れています。たとえ漂流したとしても船は 
八丈島に流れていくそうです。
庄野英二さんの「うみがめ丸漂流記」のことを思い出しました。
串本の漁師の船が 台風のため流されて 八丈島まで行ったお話でした。
(挿絵 吉崎正巳 ポプラ社 1968年)

庄野英二さんは 串本に取材にいらして地元の人たちから話を聞いて
本を書かれました。その中から、私が読んだ本をご紹介します。

メルヘン諸島 角川書店 1971年(短編集)
 アラフラ海周辺の島のお話、中に バイオリンを作る
 串本出身の原さんのことが書いてありました。

木曜島 理論社 1972年
 18歳の時、京都三条河原町の本屋で見つけて、ぱらぱらめくっていたら
 串本弁がいっぱい  出てきてびっくりしました。
 庄野さんが 串本出身のダイバーの方の日記を基に書かれたそうです。
 その頃、安い文庫本か古本しか買えなかった私が 
 新刊の単行本のこの本を買って読みました。

庄野英二作品一覧を見たら 数え切れないくらいたくさんあります。
まだ他にも 串本(木曜島)のことを書いた本が あるかもしれません。
漂流記もたくさんあります。
宝探しみたいだな~と 一覧表を眺めています。
[PR]

by umikongou | 2007-04-03 22:48
<< サニーアイランドホテル ナマコの眼(まなこ) >>